ホーム > 美術館・博物館一覧 > パナソニック汐留ミュージアム

パナソニック汐留ミュージアム

20世紀フランスを代表する画家ジョルジュ・ルオーの油彩・版画作品を約230点所蔵しています。これらの作品を常設展示しているほか、パナソニックの事業と関わりの深い「建築・住まい」「工芸・デザイン」をテーマとする企画展も開催しています。

パナソニック汐留ミュージアムの基本情報

よみがなぱなそにっく しおどめ みゅーじあむ
開館年2003年(平成15年)
最寄り駅 JR山手線・京浜東北線・東海道本線・横須賀線「新橋」烏森口or汐留口or銀座口 徒歩8分
東京メトロ東京メトロ銀座線銀座線「新橋」2番出口 徒歩6分
都営地下鉄都営地下鉄浅草線浅草線、新交通ゆりかもめ「新橋」徒歩6分
都営地下鉄都営地下鉄大江戸線大江戸線「汐留」3・4番出口 徒歩5分
アクセス 東京駅からJR山手線外回り「新橋」
新宿駅からJR山手線内回り「新橋」
大手町駅から東京メトロ東京メトロ丸ノ内線丸ノ内線「銀座」→東京メトロ銀座線銀座線「新橋」
駐車場パナソニック東京汐留ビル地下駐車場
546台 有料
入館料展覧会による
20名以上の団体は100円引き
開館時間10:00~18:00(入館は17:30まで)
パナソニック リビング ショウルーム東京と閉館時間が異なっているため、17時以降の利用できる入り口が限られています。詳細は公式サイト:館内マップをご覧下さい。
休日水曜(祝日は開館)、お盆、展示替期間
住所〒105-8301 東京都港区東新橋1-5-1 パナソニック東京汐留ビル4F
電話03-5777-8600(ハローダイヤル)
公式サイトhttp://panasonic.co.jp/es/museum/
(パナソニックサイト内)

パナソニック汐留ミュージアムの場所を地図で見る

パナソニック汐留ミュージアムの関連情報

名称の変遷

開館した2003年当時は「松下電工 汐留ミュージアム」でしたが、2008年10月1日に松下電工が「パナソニック電工」に社名を変更したため、「パナソニック電工 汐留ミュージアム」に名称が変更されました。さらに、パナソニック電工のパナソニックへの合併に伴って、2012年7月現在では「パナソニック 汐留ミュージアム」という名称になっています。

パナソニック汐留ミュージアムの地図

東京散歩ナビは東京観光に役立つ情報を地元民の目線で紹介しています。