朝倉彫塑館

明治から昭和の彫刻・彫塑家、朝倉文夫のアトリエ兼住居を改装した美術館です。「猫の間」と呼ばれたサンルームには、猫をモチーフとした数々の作品が展示されています。

建築物の保存修復工事のため、2013年3月(予定)まで全面休館中

朝倉彫塑館の基本情報

よみがなあさくら ちょうそかん
開館年1967年(昭和42年)
最寄り駅 JR山手線・京浜東北線・常磐線快速「日暮里」西口 徒歩5分
京成本線、日暮里・舎人ライナー「日暮里」徒歩8分
アクセス 東京駅からJR山手線内回り「日暮里」
新宿駅からJR山手線外回り「日暮里」
大手町駅から東京メトロ東京メトロ千代田線千代田線「西日暮里」→JR山手線外回り「日暮里」
駐車場なし
入館料一般 400円(300円)、小中学生 150円(100円)
( )内は20名以上の団体料金
開館時間9:30~16:30(入館は16:00まで)
休日月曜・金曜(祝日と重なる場合は翌日)
年末年始(12/29~1/3)
特別整理期間等
住所〒110-0001 東京都台東区谷中7-18-10
電話03-3821-4549
公式サイトhttp://www.taitocity.net/taito/asakura/

朝倉彫塑館の場所を地図で見る

朝倉彫塑館の関連情報

朝倉彫塑館の地図

東京散歩ナビは東京観光に役立つ情報を地元民の目線で紹介しています。