ホーム > 寺社仏閣一覧 > 新井薬師 梅照院

新井薬師 梅照院

徳川秀忠の第五子和子の方が患った悪質な眼病が祈願して快癒したことから「目の薬師」、第五世玄鏡が秀れた小児薬を調整したことから「子育て薬師」と呼ばれ、今日まで篤く信仰されています。

新井薬師 梅照院の基本情報

よみがなあらいやくし ばいしょういん
建立年1586年(天正4年)
最寄り駅 電車
西武新宿線「新井薬師前」南口徒歩5分
JR中央線「中野」北口徒歩15分
バス
関東バス中10・12・30、関東バス・国際興業バス池11系統「新井薬師前」バス停徒歩2分
京王バス中92系統「北野神社前」バス停徒歩2分
アクセス 東京駅からJR中央線「中野」
新宿駅からJR山手線「高田馬場」→西武新宿線「新井薬師前」
大手町駅から東京メトロ東京メトロ東西線東西線「高田馬場」→西武新宿線「新井薬師前」
駐車場なし 近隣にコインパーキング若干あり
拝観料無料
拝観時間9:00~17:00
休日年中無休
住所〒165-0026 東京都中野区新井5-3-5
電話TEL 03-3386-1355
FAX 03-3386-1315
公式サイトhttp://www.araiyakushi.or.jp/

新井薬師 梅照院の場所を地図で見る

新井薬師 梅照院の関連情報

新井薬師 梅照院の地図

東京散歩ナビは東京観光に役立つ情報を地元民の目線で紹介しています。